ブラオシマ

おしまが散歩感覚でブログ書いてます。所感、雑記ブログ。

2017年OPEN!那覇でおすすめのゲストハウス・ホステル【Lanai Hostel】に泊まってみた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:synonym_s:20170523125109p:plain

国際通り近辺には多くのゲストハウスがありますが、価格・品質ともにピンキリなのが現実。

せっかくの沖縄旅行を宿選びで失敗し、台無しにするなんて勿体無いですよね。
この記事では2017年にオープンしたコスパよし、ロケーションよし、快適性文句なしのゲストハウス【Lanai Hostel】を紹介していきます。

ゲストハウス探しに迷ってる、、そんなあなたのもうひと押しになれば。

THE LANAI HOSTEL

  • Lanai Hostelのロケーションや価格帯をレビュー
  • ヨーロッパ風。落ち着いた雰囲気『Lanai Hostel』の内観

Lanai Hostelのロケーションや価格帯をレビュー

あなたはゲストハウスやホステル選びの際に、何を基準にしますか?
僕は空港からのアクセスのよさ、価格帯が適切であること、そして内観の是非に移っていきます。
まずはロケーションや価格帯のレビューからいってみましょう。

ロケーションは抜群◎

牧志駅から、徒歩4分。
いいですねー。
那覇空港からモノレールに乗って、牧志駅から徒歩4分ですよ。

近場には買い物ができる『サンエー』や『マツキヨ』が徒歩5分圏内に。
まぁ目の前が国際通りなので、不便なわけがないんですけど。

ロケーションにおいては、文句なしですね。
大きなキャリーケースやバックパックを担いで熱い日差しの降り注ぐ沖縄の地を這い回り、ホステルへついた頃にはすでにバテバテ…な状況からは回避されます。はい。

価格帯は中〜中の上。

  • 1ベットルーム
  • ツインルーム(セミダブルルーム)
  • トリプルルーム
  • 4ベットルーム
  • ドミトリー 

以上の5つを利用することができます。
ドミトリーの宿泊費をみていくと、

f:id:synonym_s:20170522224547p:plain

引用:The LANAI HOSTEL (那覇市) - Booking.com

一人当たり2,500円。(本家サイトからは3,000~です)
全国的にみれば格安なんですが、那覇市内でみると、中から中の上に入る価格帯でしょう。

でもいいんです。
この費用には、

  • バスタオル
  • タオル
  • 貴重品のロッカー
  • 洗濯機無料利用可
  • シャンプー、ボディーソープ完備

以上のサービスが含まれています。
タオルやロッカー、洗濯機が無料なのってありがたいですよね。

それに新築ピカピカがいい。ほんとに気持ちよかった。

1500円ぐらいの宿に宿泊し、ダニに噛まれ若い兄ちゃん姉ちゃんが夜中うるさいそして住環境が悪すぎてまじ帰りたい。。
とはならないです。はい。

3人部屋や4人部屋もあるので、ドミトリーが苦手な人でも利用しやすいですよね。

ヨーロッパ風。落ち着いた雰囲気『Lanai Hostel』の内観

2017年にオープンしたばかりの内観を紹介します!
黒を基調としたモダンな雰囲気で、えらいいい感じですよ。

まずは本家サイトから引用します。
女性ドミトリー。

f:id:synonym_s:20170523105911p:plain

 

男性ドミトリー。

f:id:synonym_s:20170523105918p:plain

 

ツインルーム。

f:id:synonym_s:20170523105921p:plain

綺麗。綺麗っす。

次に僕が実際に足を運び、撮った写真でみていきましょう。

 リビング

リビングに向かってオープンキッチンがあります。
キッチンの設備も申し分なく、友達や知り合った仲間とワイワイできそうですね。

f:id:synonym_s:20170523113813j:plain

f:id:synonym_s:20170523113834j:plain

奥にはダイニングテーブル、手前にはテレビを取り囲むようにソファがあります。
ソファもふかふかですんごい心地よかったです。

f:id:synonym_s:20170523113855j:plain

オープンキッチンからの眺め。

ドミトリー

僕が泊まった時は、あいにくドミに僕以外のお客さんがいなかったんですけど。
エアコンの調子もよく、快適に過ごせました。
f:id:synonym_s:20170523114033j:plain

コンセントはベットにもよりますが、必ず2つの差込口を使えるようになっています。
ベット次第では、4つの差込口を利用できますよー。 

f:id:synonym_s:20170523114043j:plain

そして、これ。
カーテンウォールですね。
カーテンのようにひらひらせずしっかり固定できるので、プライベートな空間が確保しやすい。

ゲストハウスでは、なかなか見かけないので高評価です。いいね。

シャワー・トイレ

f:id:synonym_s:20170523114645j:plain

オープンしたての綺麗なシャワールーム。

f:id:synonym_s:20170523114653j:plain

トイレもバッチリですね。

その他

f:id:synonym_s:20170523115124j:plain

客室前の写真。

f:id:synonym_s:20170523115026j:plain

ルーフトップです。
実際はめちゃめちゃ広いですよ!

f:id:synonym_s:20170523115041j:plain

そして入り口。
いやここだけみるとほんと欧米のホステルだな。笑

まとめ 

以上、オープンしたてで今年どーんと流行りそうなホステル『Lanai Hostel』の宿泊レビューでした。
夏頃には早めに予約しないと一杯になるんじゃないかな。

公式ホームページはこちらから。

THE LANAI HOSTEL

気の良さそうなおじさんが運営しており、朝には若い女性のスタッフを見かけました。
もう一つ気になるのが以下のホステル。
Kitchen Hostel AOですね。
6月中にいってみようと思います。

www.kitchenhostel.com

予約する際には、Booking.comのサイトから取ったほうが安くなるかもしれません!

www.booking.com

※この記事は当ホステル・オーナーさんの許可を取っております。
それではまた!