ブラオシマ

おしまが散歩感覚でブログ書いてます。所感、雑記ブログ。

はてなブログのリライト!タグの書き換えを、テキストエディタを使って簡単に解決しよう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:synonym_s:20170523154253p:plain

この記事では、リライトする際にめんどうなタグの書き換えを一発で行うためのハウツーを紹介しますよ。
ブログの記事内でメリハリをつけたり、強調したい部分を太字にしている人は多いと思いますが、太字を表すHTMLのタグには、

  • strongタグ
  • bタグ

この2つがあるんです。
Google的には、strongタグは記事内に3つあるくらいがベスト。

しかし、はてなブログやwordpressのエディタでは、<strong>タグがデフォルトで設定されています。

このstrongタグを過去記事から検索し、bタグに書き換えるとかどんだけ時間かかんのって話ですよ。

嫌だよわかっててもやんねーよ。
そんなあなたに、一発でタグ変換できる術を紹介しますね。

  • エディタソフトを使って解決する方法
  • オンライン上で解決する方法
  • この記事を書くきっかけとなった記事紹介

画像引用:https://www.flickr.com/photos/lge/3272613469/

エディタソフトを使って解決する方法

f:id:synonym_s:20170523154447j:plain

僕自身がMacユーザーということもあり、あなたがMacを使っている前提で進めていきます。
windowsユーザーもやることは変わらないはずなので、参考にしていただけたら幸いです。

  • 無料エディタをダウンロードしよう
  • テキストエディタの設定
  • HTMLコードをテキストエディタに貼り付けるまで
  • タグの置換を行う

無料エディタをダウンロードしよう

ブログを執筆する際、オンライン上のブログエディタで編集する人が大多数だと思いますが、このリライト作業にはエディタソフトのダウンロードが必須です。

無料でハイクオリティーのものが多数あるので、自分好みのものを探してみるのもいいんですが。
めんどくさい人は軽い・使いやすい・品質も十分なCot Editorをダウンロードするといいでしょう。
僕もプログラマー時代からこのエディタにはお世話になっています。 

coteditor.com

いろんなエディタをみたい人向け。

eng-entrance.com

 テキストエディタの設定

無事ダウンロードが終わったら、次は軽い設定です。

f:id:synonym_s:20170523144243p:plain

アプリを起動し、シンタックスのタブをクリック。
様々なプログラミング言語が出てきますが、『H』ボタンを押すと、勝手に『HTML』言語を選択してくれます。

設定はこれでOKなんですが、もう少しカスタマイズしたい人は、

f:id:synonym_s:20170523144517p:plain

CotEditor →環境設定...をクリック。

f:id:synonym_s:20170523145342p:plain

ここでは背景色や、テキストエディタの透過率を設定できます。
設定めんどくせーな人は、
表示→テーマから、好きなものを選んでおくといいでしょう。
ストレスを減らしたいなら、先にバーっとカスタマイズしておくのがオススメですよ。

HTMLコードをテキストエディタに貼り付けるまで

はい。
それではオンライン上のHTMLコードを貼り付けていきますよ。

もしあなたが全体の文章をコピー or 切り取る際に、
右クリック→すべて選択→さらに右クリックして…という作業をしているならば、ここもスピーディーにショートカットキーでいきましょう。

  1. (オンライン上のブログエディタで)command + a →全選択
  2. command + x→切り取り(command + cでコピーです)
  3. CotEditorアプリ(任意のテキストエディタ)に移動
  4. command + v→貼り付け

さて。
あなたのHTMLコードがテキストエディタに貼り付けられたでしょうか。
慣れたら瞬殺でできるので、ショートカットキーを使っていない人はぜひ使ってみて!

タグの置換を行う

それでは本題。
タグの置換を行なっていきます。

ここでもショートカットキーを使っていきますよ。

Cot Editor上で、command + fを入力すると、

f:id:synonym_s:20170523150841p:plain

このような『検索と置換』画面が出てきますね。
検索部分にstrongを入力し、置換部分にbを入力、すべてを置換ボタンをおす。

すると、貼り付けたHTMLコードのstrongタグがすべてbタグに置換されます。

うううう。気持ちいいいいいい。

f:id:synonym_s:20170523151438p:plain

まぁ、この記事では本文中にstrongという文字を入力しているので、それも置換されちゃいましたけど。
普段からブログの記事中にstrongを入力するマッチョはそんなにいないはず。

あとは、あなたが本当に大事だと思う箇所のbタグを3箇所ほど、strongタグに書き換えるだけ
その後オンライン上のブログエディタにタグ変換を行なったHTMLソースを貼り付け、更新すればリライト完成です。
どうでしょう。慣れたら2~3分でstrong→bタグの変換ができるのではないでしょうか。

オンライン上で解決する方法

f:id:synonym_s:20170523154538j:plain

テキストエディタを使って爆速でタグ変換する方法を紹介しましたが、オンライン上のブログエディタでも、タグ変換を効率的にすることはできます。

もちろんテキストエディタには劣りますけど。

  • 太字部分が少ない
  • ブログを新規投稿する

際に利用するのがいいかな。

方法は簡単です。
はてなブログの場合だと、『編集見たまま』画面でcommand + fを押下。
右上に

f:id:synonym_s:20170523152528p:plain

この検索画面が出てきますね。

その後『HTML編集』画面に移り、strongを入力。

f:id:synonym_s:20170523152659p:plain

strongタグが黄色くハイライト表示されるので、適宜bタグに書き換えをしていってください。
地味ですが。。
オンライン上の方法書いたけど、テキストエディタ使った方がいいかもね。

この記事を書くきっかけとなった記事紹介

この記事を書くきっかけになった記事なんですけど。
よく読ませていただいている自称プロ引きこもり(@luckyman0302)井上さんの更新記事に、気になるものがあったんですよ。

ブログをやってる人なら理解してると思うけれど、新規記事を書くことと同じくらいかそれ以上に、過去記事のリライトは重要なんだ。当ブログも、新規記事を書きつつも定期的に過去記事をリライトしてゴミ記事を宝に変えている。

そんなリライトなんだけど、明確なノウハウというか基準見たいのがないので、この記事に動画付きで全てまとめる。ぜひ参考にしてほしい。

www.hikikomorism.com

そう。過去記事のリライトをいかに上手に進めていくのか、というノウハウを動画付きで丁寧に解説された記事なんですけど。

これでもか!ってくらい作り込まれた記事をただただ感心して読み進めていくと。。

太字にするのには主に2種類のタグがある。

  • strongタグ:強調と検索エンジン上での重要さ=SEOに影響あり
  • bタグ:文字の見た目的な強調だけ=SEOへの影響はない

って違いがある。このstorongタグが多いと、読者的には関係ないんだけどGoogle的に「重要なところありすぎじゃね?」ってなるようだ。それで検索順位が下がるってことが実際あるという。

だいたい目安的には1記事にstrongタグは3つまでがベスト。

 この部分ね。
wordpressには便利なカスタマイズができるプラグインがありますが、はてなブログには今のところ、ない。

ならば地味にでも解決できる道を示さねば!!
という心意気で書かせていただきました。

充実したリライトライフをお過ごしください。
それではまた!