読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラオシマ

おしまが散歩感覚でブログ書いてます。所感、雑記ブログ。

ベーシックインカムを得ながら、地方で企業する。【Next Commons Lab】が熱い!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:synonym_s:20170519092320p:plain

なにか自分にできること、自分でできることを仕事にしたい。

こんな熱いくすぶりがあなたの中に眠っているなら、Next Commons Labの事業を知っておいた方がいい。

Next Commons Labのやっていること

数年前から話題になっている「地域起こし隊」の一部制度を利用し、良質なプロジェクトテーマを設定して人材募集をかけている。
月に約16万円のお金を得ながら、地方で起業家として働くということですね。
いい。いいっす!

f:id:synonym_s:20170519084153p:plain

引用:Next Commons Lab

現在展開している地域は、遠野(岩手)、奥大和(奈良)、加賀(石川)、南三陸(岩手)の4つ。

加賀を一つとってみても、プロジェクトは10つほどあり、どれも面白そうなものばかり。。

f:id:synonym_s:20170519084738p:plain

中には、『プロジェクトの自由提案』枠もある。
企業プランを持ち込んでくださいってな。

一番気になったのはこのプロジェクト。

f:id:synonym_s:20170519091203p:plain


建材として利用されない林地残材、葉っぱ、枝など、今まで活用されてこなかった、山の素材の新たな可能性を事業化します。杉から抽出される精油や有効成分に注目し、よく知られるリラックス分野だけではなく、さらに一歩踏み込んだヘルスケアやアンチエイジング分野への応用、具体的なプロダクト開発を目指します。地域での販売を積極的に進め、地域の人が暮らしの中で地元の杉と深く関わるような製品の普及を図るとともに、世界のマーケットも視野に入れたビジネス展開を模索していきます。

魅力的。山の力、自然の力を具体的に商品化して、ビジネスを展開していく。
面白そう!

僕が目指している「セルフベーシックインカム」そしてその先の「ベーシックインカムシステムを使って、やりたいことをする」制度がこんな風に目の前にあるなんて。

募集のほとんどが、「プロデューサー」や「起業家」なので、相当な熱量が求められているんだろうけど。

現在募集がかかっているのは、奥大和、加賀、そして南三陸。
奥大和は追加募集だが、加賀と南三陸は東京で説明会が行われる。

説明会、いってみようかな。

【加賀】

第1回:2017年5月17日(水)19:30〜21:30 (東京) FabCafe MTRL (ファブカフェマテリアル)東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア2F →アクセス

第2回:2017年5月21日(日)14:00〜16:00 (東京) 合同会社パラミタ 東京都渋谷区南平台町12-13 秀和第二南平台レジデンス1104号室

第3回:2017年5月23日(火)19:30〜21:30 (東京) FabCafe MTRL (ファブカフェマテリアル)東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア2F →アクセス

 【南三陸】

第1回:2017年5月14日(日)13:00〜17:15(東京)銀座ユニークG301大会議室 東京都中央区銀座5丁目14-6橋ビルⅡ
特別講演「新しい世界を創る起業家として成長するためには〜アル・ケッチァーノの挑戦〜」:奥田政行氏(アル・ケッチァーノ オーナーシェフ)

第2回:5月19日(金)18:30〜21:30(東京) TKP渋谷カンファレンスセンターカンファレンスルーム7A会議室 東京都渋谷区渋谷2-17-3

第3回:6月11日(日)14:00〜17:00(東京) 株式会社ナレッジソサエティ イベントルーム 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F KSフロア

 地域起こし隊の制度を導入している自治体は右肩上がりなので、Next Commons Labの対象地域も今後増えていくでしょう。

nextcommonslab.jp

www.iju-join.jp

こんな制度がどんどん出てきてほしい。
じっとしてられないなー。

それではまた!