読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラオシマ

おしまが散歩感覚でブログ書いてます。所感、雑記ブログ。

全力で挑戦すれば、後悔はしない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:synonym_s:20170422220538p:plain

仕事先で一緒のおじさんと、よく話をする。
お互いに旅好きで、タイ・チェンマイのどこがいいだとか、ラオスの飯はうまいだとか。
いつもニコニコしてる非常に落ち着いた人で、歳は60を超えているのに覇気があり、
面白い。

そんな彼が、ある日こんな話をしてきた。

「やりたいことをやるんだよ。後悔しないために。」

シンプルすぎて吹き出しそうだったが、
僕の倍以上生きてきた人から出たこの言葉を、どのように受け止めようかしばらく迷った。

そう、僕は今絶賛人生迷走中なのだ。
出口の見えない長いトンネルを、これでもかと這いつくばっている。

シンプルすぎてどこにでもあるような言葉だけど、いったん立ち止まって考えてみた。

おじさんのやりたかったこと

f:id:synonym_s:20170422220947j:plain

そもそもなぜおじさんが、そんなことを言ったのか。

彼はグラフィックデザイナーとして東京でバリバリ働き、引退した。
東京に弟子がいて、時々顔を見に行くというので相当できる人なんだろう。

そんな彼は僕と同じ26歳の時に、
よし、俺はこの道で飯を食っていける!
と思ったとのこと。(やや表現が古いけどそのまま掲載)

刺激を求め、インドに行くかフランスに行くか、迷った。
結果インドを選択し3ヶ月ほど滞在、いろんな勉強をする。

その後フランスをバイクで旅した時に、僕がくるべき場所はこっちだったのでは、と後悔した。

「インドに行ったからこそ得られたものもあったけど、それがフランスだったら、、
そんな風に思うことがあるんだよね。
やりたいことをやるんだよ。後悔しないために。」

こんな会話だった。
ネットもまだない時代に、どうしようかとウンウン唸り、生きてきたおじさんの言葉。

後悔してる、というよりは、
「フランスに行ってたら、どんな世界が見えたのかなぁ、どんなデザイナーになってたのかなぁ。」
といった雰囲気だったんだけど。

これでよかったと言える人生に

後悔する = 幸福でない。

後悔というのは、その現状に満足できず、他の道もあったのではないかと自己否定する行為。
自分が選択した方向性を肯定できるのは、

その時どれだけ一生懸命やったか。

によるんじゃないか。
いいんだ、あれだけやったんだから。
そうやって過去の自分を肯定する。

成功するまで挑戦し続けることが、失敗という言葉を打ち消すともいうけれど、
世の中、そううまくいかないこともある。

過去は取り戻せないけど、後悔はしたくない。
毎日全力で駆け抜けろとは言わない。
人生の選択肢に立った時、ここぞとばかりに死にものぐるいで取り組む。

自分が立てた目標にタッチするのが一番だが、届かなかった時。
その死にものぐるいの頑張りが、次に繋がるんじゃないかな。

おじさんの選択が間違ってたとは思わないし、
相当努力したんだろうけど、フランス帰りの自分も見てみたかったんだろうなぁ。
フランスの可能性も打ち消すほど、インドにのめり込んだらまた違ったんだろうけど。
人生って難しいですね。
そんなことを思いました。

それではまた!