ブラオシマ

おしまが散歩感覚でブログ書いてます。所感、雑記ブログ。

自分に自信がなくてどうする。俺には自信しかないぞ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

現在派遣として、ある旅館で仲居さんをやっている。
プログラマーをやっていた頃は周りの同期よりも給料は良かったし、ブランド力もあった。
今はどっちかというと真逆かな。

今日、給料日の明細が届いた。
額面を見て、青ざめる自分がいる。
なにしてんだ、俺は。

お金が全てじゃない。この仕事が本当に心からのぞんだものなら、額面なんてあまり気にせずにやっていけるだろう。
僕には今、自信しかなくて、それ以外がない。
そう思っている。

いつから芽生えたかわからぬ、根拠のない自信

f:id:synonym_s:20170216232539p:plain

いつからだろう。
俺はできる。大丈夫だ。
そう思い始めたのは。

小学校や中学校では、持ち前の運動神経を活かし、レギュラーは必ずとっていた。
高校受験の際も、なんとか県の頭から3番目に合格。
国立大学に進学し、ヒッチハイクとかワーホリ、世界一周をした。

これからはプログラミングの時代だ!と意気込んで昨年の4月に入社。8ヶ月で辞め、今に至る。
一言で言えば窮屈だった。

金が、あまりない。
時間が対価の仕事を、したくない。

インドにも行きたいし、国内でも行きたいところは山ほどある。
お金を作るツールとして、外国為替証拠金取引(FX)をやっている。
でもまだ、月に5万ほどの利益だ。

「竜馬がゆく」を読み始めて、あぁ、竜馬にもたくさん迷った時があったんだなぁ。
そう知った。
何かを成し遂げたいが、時を待つ。
彼は時を待ち、飛躍した。
幕末と今とじゃ、時代の流れや複雑さで比較にならんけども。

焦り。

焦る。堆積物がないことに焦る。
吸収力には自信があるけども、興味があることへの堆積層が、浅い。

建築、料理、カメラ、プログラミング。

お金のために働きたくない。なんてカッコつけて言っても、
働かないと食いっぱぐれる。
お金を生み出すシステムを作れていない。
今こうしている間にも、世の中のすごいやつはどんどん知識を吸収して、アウトプットして、糧にしていっている。

まだ、どこに進めばいいのかわからずにいる。
なにを堆積させるべきか、わからずにいる。

自信と、僕が好きな人・周りの人

「君には無理だ」と言ってくる人たちは既に大勢居ます。君は力不足だ、と。なのに、敢えて自分自身に向かってそれを言いたいですか?
参考:「自信はすべての能力に勝る」 人生がうまくいかない時に読んでほしい、自信を育てる3つのコツ - ログミー

僕が好きな有吉も、リリー・フランキーも超絶貧乏だった。
でもどうにかなると彼らは思ってた。

有吉は先輩に飯をたかり、リリー・フランキーはサラ金に手を出し、彼女にお金をもらい、いろいろあって今に至る。

去年、宣材写真を撮った俳優志望の知り合いが、飲んだ時に言っていた。
『まぁ、俳優は30歳からっていうし。』
僕と歳は同じなので、現在25歳。
僕の撮った写真が功を奏したのかわからんが、全国規模のテレビCMに出演していた。

小学校の頃、俺はライトで、やつはセンター。
いつもキャッチボールをしていた。
やつは今、プロ野球でピッチャーをしている。

負けたくない。負けたくない。
あーー負けたくない。

失敗したらどうするの?とか、もしダメだったら?
って言われるけど、

「んまー、多分死ぬまでやるんだろうなぁ、俺は」
って言ってる。
なにを?なにをやるんだろうね。

金持ちになること?イイもの・イイことを多くの人と共有できること?
その他諸々。

まとめ

書きたいことを書き殴った。
自信、ポジティブ。

たまに、
『どこにそんなエネルギーあんの?』
って言われる。
どこなんだろう。

エネルギーがある、というより、無駄なフタをしていないだけ。
な気がする。

もし失敗したら、とか、陰口言われたら、とか。
考えるけど、まぁどうでもいいな、と。

この戯言が、ネットの海に沈むのか、海底の財宝として掘り起こされる日が来るのか。
神のみぞ知る。

はい、こんな感じで。
それではまた!