読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラオシマ

おしまが散歩感覚でブログ書いてます。所感、雑記ブログ。

贈り物にオススメな、北海道・小樽のケーキ屋さん【LeTAO】!!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

バレンタインが過ぎました。

同じ職場に北海道出身の方がいるんだけど、
クリスマスの時に超絶美味しいケーキをいただいたことがある。
小樽のLeTAO(ルタオ)というケーキだった。

チーズフロマージュなのだが、食べた瞬間『ぬぁっ!』と脳が叫ぶ。
想像以上に柔らかいが、しっとりしていて、甘さもちょうど良い。
うまい。
なんなんだこのケーキは、と箱の中に入っていたパンフレットをガン見していた。

そして今回のバレンタイン。
今度はチョコケーキをくれた。
これにも悶絶。

このケーキを食べるために小樽へ足を運んでみてもいいくらいだ。
大切な人に贈るケーキ、LeTAOオススメですよ。

LeTAOって、どんな洋菓子屋なのか

美味しい、美味しいケーキを作るLeTAOってどんなところなのか探ってみます。

ルタオ開業時に掲げた2つのテーマ

小樽での洋菓子店開業に向け、 私たちは
ノスタルジック・モダン(Nostalgic Modern)とノーザン・スイーツ・マナー(Northern Sweets Manner)という2つのテーマを掲げました。

●ノスタルジック・モダン(Nostalgic Modern)という言葉には 「ノスタルジック(馴染みの深いスタンダード)なスイーツにも、モダン(斬新)な発想でとびきりの美味しさを追求する。」という思いを込めています。 常に今日よりも明日、 美味しいものを創ることを求め続ける私たちの、ものづくりの姿勢を表現しました。

●ノーザン・スイーツ・マナー(Northern Sweets Manner)とは「北の国に生きる人々の、 お菓子を楽しむ流儀をお届けする」という意味とは別に、「皆様に北海道のお菓子と言えばルタオと言っていただきたい。北海道スイーツの代表になる。」という私たちの決意を表しています。

 ノスタルジックなスイーツを、モダンな発想でさらに美味しく。
建築でいうと、古民家をモダンなリノベーションでさらに住み良く、心地よく。
といったところだろうか。

開業当初から人気だったチーズケーキのフロマージュ。

冷凍すると味が落ちるのが欠点だったが、なんと3年の年月をかけて原料や製法を見直し、冷凍状態で発想できるまでに至った。

熱がすごいですね。
海外進出もしているようで、”日本のスタバ”といえば”北海道のルタオ”と呼ばれる日が来るかもしれない。

それだけ、うまいです。
ちなみにルタオの顔”ドゥーブルフロマージュ”の価格はワンホール1800円程度。
これプラス送料が700円程かかります。
贈り物に最適、週1で食べたい。

www.letao.jp

 LeTAOの気になるスイーツ!!

おしまが気になるスイーツをピックアップしました。

f:id:synonym_s:20170215212018j:plain

スイーツ?

「北海道生クリームパン」です。
これ、絶対美味しいじゃないですか。
濃厚で、口に入れた瞬間香りがふわっと広がって。
あー食べたい。

f:id:synonym_s:20170215212150j:plain

「ヴェネチア・ランデヴー」

マスカルポーネ・ブリュレですよ。
紅茶と一緒にいただきたい。
男性にも人気って書いてあるし、うまいんだろうなぁ、ぺろっと食えちゃうんだろうなぁ。

f:id:synonym_s:20170215212424j:plain

「ショコラドゥーブル」
このケーキをバレンタインにもらった!!
チーズケーキとチョコレートのコラボです。激ウマ、すぐにでも食べたい。

まとめ

もらったケーキがうま過ぎたので、小樽のケーキ屋『LeTAO』を紹介してみました。
贈り物に悩んだ際には、オススメの一品です!
北海道旅行の際は、ウニ丼プラスこのLeTAOのケーキを思う存分食べ尽くすプランが加わりました。

うし、それではまた!