読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラオシマ

おしまが散歩感覚でブログ書いてます。所感、雑記ブログ。

情報溢れるこの世の中で、あなたは『何を信じる?』

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:synonym_s:20170202004459p:plain

僕がヒッチハイクをしていた時、月に100万稼ぐカメラマンに乗せてもらったことがある。
フィルムカメラからデジタルカメラへ切り替わる、カメラ界の激動時代を生き抜いて来た人だ。
デジタルカメラの可能性に最初から飛びつき、フィルムカメラを使うカメラマンからバカにされ続けていたそうだ。
だけどその人は、デジタルカメラが持つ可能性を”信じて”いた。

結果、デジタルカメラが世に普及し、その人が持っていたデジタルカメラの知識の優位性(その他も大いにあるが)を活かし、月100万以上を稼ぐカメラマンになっている。

『信じる』ってなんだろう。

【1】真実である、また、正しいと思う。信用する。信頼する。

引用:『信じる(しん・じる)』の意味と定義(全文) - 辞書辞典無料検索JLogos

選んだ選択肢がどうであれ、それが”真”だ、と思うこと。

複雑で情報過多なこの世で大事なことは、何を信じるか、いかに信じきれるか。
これは人間誰しもが持つことのできる”強み”なんじゃないか。

ヒューマノイド型ロボットが世の中に普及し、
『情報過多な現代で大事なことってなにー?』
と質問した時に、
ロボットはどう答えるだろう。

『情報過多な現代で大事なことは、最適な情報を選び取ることです』

こう解答するのでは。

『でも、人間にとっては情報を選び取るよりも、なにを信じるかの方が、時と場合では優先されるものですよね』

こんなとんちの効いた解答をするかもしれない。
ちなみに、現代のAI代表Siriに聞いてみたよ。

『信じるってどういうこと?』

f:id:synonym_s:20170202010909p:plain

『信じるって何?』

f:id:synonym_s:20170202011026p:plain

…Siriよ、まだまだだな。
てかなんで谷川俊太郎なのw

『信じる』は、極めて人間的な行為だと思う

『信じる』という言葉には、愚直さがある。
ある種のウェットさ、胡散くささ、そして粘性も。

何かを信じる。
自分を信じる、相手を信じる、自分が選んだ道を信じる。

あなたはそれ無しでも生きていける。
信じることは、生きる上で必須の項目ではない。
でもさ、誰かに
『大丈夫、お前のことは信じてるから』
って言われたら嬉しい。

英語の "believe"を引用して”信じる”を分解してみる。

  • “I believe you”=「あなたの“言っている事”を信じる」
  • “I believe in you”=「あなたの“能力、存在”(中身)を信じる」

前置詞の"in"がつくかどうかで"believe"のニュアンスが変わります。

前者は表面的な"believe"。現象や、人の言っていることが真実かどうかを判断する。
後者はもっと内面的な"believe"

believe in」には二つの意味があります。それは:

1.何らかの存在を信じること
2.誰かの力、能力などを信じること
引用:「believe」と「believe in」の意味と違い | 英語 with Luke

1の『何らかの存在を信じること』は、UFOや神様、妖精などのこと。
僕が言いたい”信じる”は、2の『誰かの力、能力、存在などを信じること』

ちょっと複雑だけど、
『あの人のことは信じる』→浮気した。

"believe"→信じらんない。もう別れるマジ無理。
"believe in"→んー、まぁ、たまにはあるんじゃない?ほっとこ。

こうゆうことかな。

『信じる』は、自分を強くする

100%の正解はない。と誰かが言います。
あなたの進んでいる道はクソだ。と誰かがバカにします。
自分が選んだ方向は間違っているのではないか、と不安になります。

他者の評価は、結果が全て。
結果が出るまで自分自身を、そして選択したものを信じるしかない。

僕が出会ったカメラマンの言葉を借りると、

『俺はデジタルカメラで成功するとずっと信じていた。バカにされても、陰口を叩かれてもね。』

『信じる』を履き違えないこと。

履き違えた『信じる』とは、他者への依存、そして言葉を鵜呑みにすること。
表面的な『信じる』は、相手や物事を知ることの放棄。

"I believe in ~"は、様々な選択肢の中から、自分がこれだ!と思って選んだもの。
考えて、考えた中で決めた”軸”のこと。

f:id:synonym_s:20170202002852j:plain

引用:http://mangadget.net/comic_images/detail/3490

情報が溢れ、それなりの答えが見つかる世の中では、自分が信じる対象をしっかり選ぶことができるか。これって大事なことだよなー。
そんなことを考えていた、今日この頃です。

まとめ

信じるってなんだろう。
僕の中であやふやだったものを、文字にしてみた。

あなたの信じるものはなんですか?
僕は、まだわかりません。
自分自身は信じてるけど、何を目指して進んでいくべきなのか。
よくわからないままでいる。
言葉にしたら、何か出てくるかと思ったけど。

キング牧師の言葉を信じる。
自分の直感を信じる。
彼女の信念を信じる。(いないけど)

この複雑で、情報過多な世の中で大事なことは、何を信じるか。
そして『何かを信じること』って、人間的な行為だよね。

まとめると、こんな感じです。
よし、それではまた!